浮気している旦那のLINEで証拠になるもの

旦那が浮気しているときはスマホの中身が気になる人も多いでしょう。

中でも特に証拠を残しやすいところがSNSアプリです。

最近ではLINEやFacebook、TwitterといったSNSを利用している人がスマホユーザーの大多数を占めていますが、手軽に使えることから浮気相手との連絡手段として使われることも多いです。

ここではSNSの中でもLINEで証拠になるものについてご紹介していきます。

浮気をする旦那はどうやってLINEの証拠を隠している?

旦那が浮気をしているときはLINEの内容を見られないように、見つからないように証拠となるものをいろんな手段で隠していることがあります。

浮気の証拠をどうやって隠しているのか?ここでよくある例を見ていきたいと思います。

LINEの通知を消す、OFFにする

スマホの設定画面からLINE通知を消す、通知をOFFにするとLINEの通知自体が行われなくなり、着信音、メッセージ画面もOFFになるので、LINEでメッセージが来てもスマホを直接見るまでは分からなくなります。

LINEの通知をOFFにすることで、通知自体が行われないのでメッセージが来ても着信音で知らされることもないので安心、というわけです。

また、特定の人のみを通知OFFにすることで、浮気相手以外の人は通知OK、浮気相手のみ通知をしない設定にもできます。

この方法は公式アプリからの通知が多くてやったことがあるという人も多いでしょう。

特定の友達を通知OFFにする方法は浮気相手からのメッセージを通知画面に出さないようにするために使っている人もいます。

常に画面を下にして置いておく

自宅にいるとき、一緒に過ごしているとき、食事をしているとき、車に乗っているとき・・・

常にスマホの画面を下にして置くことで、通知が来たときに画面を見られないようにする人も多いようです。

通知をOFFにするとメッセージが来たのが分からなくなるのは嫌なので、通知が分かる状態にしてスマホ画面を見られないようにしておきたい、という人はこういった方法を取るようです。

LINEにパスワード(パスコード)を設定する

LINEを起動するときにパスワード(パスコード)を設定している人もいます。

暗証番号、指紋認証で解除できるので、自分以外はLINE自体を見られない方法です。

子ども向けのセキュリティ設定を利用することでパスワード設定ができるので、こういった機能を使ってパスワードを設定する人もいます。

浮気相手とのトーク内容を非表示にする

浮気チェックされたときにバレないようにするためのよくある手段で、トーク内容を非表示にすることでトーク一覧に出なくなることを利用した方法です。

トーク履歴は削除した方がいいかもしれないけど削除はしたくない、やりとりの内容を残しておきたい、それならトーク一覧から非表示にしておこう、という方法です。

  • トーク一覧→編集→浮気相手を選択→非表示で設定(iOSの場合)

浮気チェックをされてもトーク一覧には表示されないので安心、ということですね。

しかしこの方法は、浮気相手から新たにメッセージを受信するとトーク一覧に表示されてしまうという弱点があります。

新たにメッセージが来ても非表示にする場合は、友達リストで浮気相手を非表示にすることで回避できるので、友達リストで非表示にする方法を取っている人が多いかもしれません。

用心深い人はその都度トーク履歴を削除している人が多いかもしれませんね。

友達リストで浮気相手を非表示にする

先ほどご説明したとおり、トーク一覧で一時的に非表示にするだけでなく、浮気相手を非表示にして通知画面に出てこないようにしている人も多いです。

  • 友達一覧→浮気相手を左にスワイプ→非表示を選択(iOSの場合)

浮気相手の名前をバレにくい名前に変える。

浮気相手の名前を他の名前に変えるという方法もよく使われる方法です。

名前は編集しても相手には分からないので、会社関係や仕事に関係した名前に変えたり、男性の名前に変えて表示させることもできます。

スマホ、タブレット端末を2台持ちする

LINEアカウントは1つの端末で1つのみ作れるので、1つのスマホで2つのLINEアカウントを持つことはできません。

しかし、スマホを2台持ちしたりタブレット端末やパソコンがあればLINEアカウントを複数作ることができるので、スマホでは普段用に、タブレット端末やパソコンでは浮気相手用にとLINEアカウントを使い分けることもできます。

浮気相手とのLINEのやり取りの時間を決めておく

待ち合わせのような感じで、決まった時間帯のみメッセージのやり取りをする方法を取る人もいます。

例えば、終業から自宅に帰る前の2時間、通勤時間はOKといった感じで、お互いにメッセージを送り合う時間帯を作っておいて、それ以外はやり取りはしないとルールを決めることです。

そうすれば、自宅にいるときに着信が来たりする心配もなく安心というわけです。

用心深い人はその都度トーク履歴を削除していることもあります。

浮気相手とはLINE以外のアプリでやり取りする

メッセージのやり取りができるアプリにはLINE以外にもいろんなアプリがあります。

Skype、カカオトークなどがその一例です。

リアルタイムでの会話形式でのメッセージのやり取りができるところが共通しているので、LINEのアプリの他にこういったアプリでメッセージのやり取りをしていることもあります。

フリーメールでやり取り

フリーメールにも最近ではアプリを利用できるものもあります。

フリーメールのアプリなら新着メッセージの通知機能もあるので、SNSに比べると利便性は下がるかもしれませんが、メッセージのやり取りは十分にできます。

このように、いろんな手段を使って浮気の証拠隠しをしているというわけなんですね。

旦那の浮気で証拠となるLINEの内容

LINEでどういった方法で証拠隠しをしているかについてみてきましたが、実際に浮気の証拠として採用できるLINEの内容はどういったものなのでしょうか。

まず、1つ大前提として知っておきたいのが、証拠として採用するためには「不貞行為があったことが証明できる」証拠であるかということです。

LINEで見つける証拠としては、

  • 性行為中に撮影した写真(ハメ撮りなど)
  • 性行為をしたというやり取り
    →「ここにホクロがある」などのやり取りも含め

が証拠として採用される確率が高い証拠になります。

LINEの証拠のみでは慰謝料請求が認められても少額になる可能性が高い

特に「性行為をしたというやり取り」は、性行為中の写真ほど強い証拠が見つけにくい中で、性行為(もしくは通常の接触以上のこと)をしている可能性が高いとみなされる場合は証拠として採用された事例もあるので、「性行為をしたと想定されるやり取り」があった場合は写真や動画に取っておくといいでしょう。

しかし、LINEの証拠のみで慰謝料請求、離婚請求をするのは証拠としてまだ弱いとみなされることが多く、慰謝料請求が認められても希望額の10分の1ほどになってしまうこともあります。

慰謝料請求、離婚請求をする場合は、より明確な証拠と併せて採用することが重要なポイントということになります。

旦那の浮気で証拠とならないLINEの内容

  • 旅行に行った記録
  • 愛してる、ラブラブ
  • キス
  • 食事

こういったものは有利な証拠として採用されることもありますが、確実な証拠としては採用されないことが多く、裁判で採用される証拠としては弱い、というのが実情です。

また、この他に先ほどのような肉体関係があったと思われる証拠が見つかったとしても、それだけでは慰謝料請求が難しい、少額になることも事例としてあります。

相手の職業によっては示談となることもある

また、浮気相手のが公務員など裁判を起こされると職を失ってしまう可能性がある職業の場合は、示談で解決する方向になることもあります。

この辺りは相手の動き方次第になりますが、LINEで浮気を見つけて慰謝料請求をしようとしても、LINEの証拠だけでは慰謝料請求が難しく、内容証明を送ったとしても法的な強制力はないため無視されることもないとはいえません。

この場合はLINEの証拠に加えて、より有利になる証拠が必要となり、集めた証拠をもとに弁護士に相談して方向性を決めることがスムーズな解決法となります。

LINEから得た証拠のみでは不貞行為を認められにくい

こうして見てみると、LINEから得た証拠は「これなら証拠として採用できる」と明確にいえるものがないというのが実際のところで、不貞行為の証拠として採用されるものには、

  • ラブホテルへの出入り(ビジネスホテル、シティホテルでは微妙)
  • できれば複数回出入りする写真が用意できればかなり有利になる。

というものが有利な証拠となります。

LINEから得た証拠ではここまで確実な証拠が見つからないことも多く、あくまで不貞行為があったことを証明する補足資料として採用する程度になることが多いようです。

浮気している旦那のLINEの証拠の確保手順

旦那が浮気しているときにLINEでどのように証拠を隠しているのか、採用される証拠、されない証拠を見てきましたが、実際にLINEから証拠を確保するにはどうすればいいでしょうか。

ここではLINEの証拠を確保する手順についてみていきたいと思います。

LINEで旦那の浮気の証拠を探している側の手順

LINEの画面から浮気の証拠を探している側の手順についてはこういったものがあります。

最近旦那の行動が怪しい、スマホが鳴ってもすぐに見ない、画面を下にしている、など怪しいところがあったらLINEのこういったところに浮気の証拠が隠されているかもしれません。

スマホの通知履歴(通知センター)をチェックする

通知センターの履歴表示をオフにしていない場合は、通知センターに履歴が残っていることがあるので、この中に浮気相手からのメッセージを見つけることもあります。

  • 通知センター=スマホの通知履歴が残されている場所。
    SNS、メール、電話などスマホに来た通知の履歴を見ることができる。

LINEにパスコード(パスワード)が設定されていないか

子ども用のスマホでもないのにLINEにパスコードを設定していているのはかなり怪しいといえます。

指紋認証が設定されている場合は指紋認証でも解除できますが、浮気している場合は用心深くなっていることもあるので、暗証番号を設定していることもあります。

通知OFFになっている人がいないかチェック

トーク一覧で女性の名前にスピーカーマークに斜線(\)が入っている人がいたら怪しいといえます。

通知OFF、もしくは非表示設定になっているということなので、トーク一覧を見てスピーカーマークに斜線(\)のアイコンが表示されている人がいたら要注意です。

友達リストから非表示になっている人を探す

友達リストから非表示にすると、メッセージの通知もトーク一覧にも表示されなくなるので、浮気相手にこの設定をしている人は多いかもしれません。

  • 友達リスト→設定ボタン(歯車ボタン)→友達→非表示リスト(iOSの場合)

で確認することができます。

男友達、女友達、知り合いとのやり取り

旦那の男友達、その他の友人、知人とのやり取りに浮気の証拠になるやり取りが残されていることもあります。

他はしっかり隠していても、ここまでしっかりガードする人は少ないので、友達や知り合いとのやり取りで浮気の兆候を見つけることもあります。

よく使っているスタンプをチェックする

LINEではいろんなスタンプが使えて楽しく便利ですが、普段どんなスタンプを使っているかを見ることで浮気しているかをチェックすることもできます。

購入したスタンプ、もらったスタンプをチェック

  • 友達リスト→設定ボタン→スタンプ→購入履歴orプレゼントボックス

非表示のトーク履歴を復元する

非表示になっている人とのトーク履歴を見る方法があります。

  • 友達リスト→浮気相手の名前→「トーク」ボタン

で非表示の友達のトーク内容が表示されます。

未読メッセージを読む方法

機内モードになっている間は他のメッセージも既読にならないので、この方法で見るのも1つの方法です。

しかし、Wi-Fi接続をしているときなど機内モードにして見る方法も100%ではないので、事前にできるかどうか調べておくようにしましょう。

また、機内モードにしたあとは機内モードを戻すことも忘れないようにしましょう。

  • 機内モード→未読メッセージを見る→機内モードを戻す

トーク履歴を自分宛てに送信

浮気チェックでこの方法を取る人も多いと思いますが、トーク履歴を自分宛てに送信して怪しいところがないかチェックする方法です。

  • トーク一覧→浮気相手→右上のプルダウン→設定→トーク履歴を送信(iOSの場合)

で送信することができます。

iCloudを使ってバックアップを取る

使っているスマホがiOS(iphone、ipadなど)であればiCloudにトークをバックアップする機能が利用できます。

トークのバックアップを取っておきメッセージをチェックすることができますが、ここで気を付けたいのは「浮気チェックだから」といってやり過ぎてしまうとプライバシーの侵害で逆に訴えられてしまう事もあります。

ログインID、パスワードを使う場合はこういったリスクがあることも知っておきたいですね。

フリーメールをチェック

フリーメールで浮気相手とやり取りをしていることもあるので、フリーメールの内容もチェックしておきましょう。

LINEのやり取りを画像に撮っておく

LINEのやり取りで怪しいものがあったら、写真や動画に残しておきましょう。

中には妻が感づいている、気づいているのに堂々とLINEでやり取りをする旦那もいるのだそう。

離婚しないだろう」と安心しきっている場合、こういった行動を取る人もいるようです。

その場合は、万が一のために備えてICレコーダーなどで会話の内容を録音したり、旦那が1人で自宅にいるときの様子を録音しておくなど、他の証拠もしっかりと集めておきましょう。

慰謝料請求をするとなった場合に役立つ可能性もあるので、証拠集めはしっかりしておきましょう。

旦那の浮気相手側はLINEでこんな隠し方をしてくる

  • プロフィール写真を変える
  • LINE以外のアプリでメッセージのやり取りをする
    skype
    カカオトークなど
  • フリーメールでやり取りをする

こういった方法を使うことで浮気相手もバレない対策を取ることができます。

特にプロフィール写真は女性でも男性でも使えそうなものに変える、旦那のスマホで名前を変えてしまえばパッと見は女性であることは分からなくなります。

浮気相手も既婚者であることを知っていて肉体関係を持っている場合、バレると自分にとって不利な状況になることは知っているので、バレないためにいろんな方法を使って浮気を隠していることがあります。

浮気の証拠探しの注意点はやり過ぎに注意

浮気の証拠探しの方法、手順についてみてきましたが、証拠探しで気を付けたいのは夫婦関係とはいえやりすぎるとプライバシーの侵害不正アクセス禁止法に抵触してしまう可能性もあるということです。

こういったことも踏まえて証拠探しの注意点についてここで見ていきたいと思います。

既読にしない

LINEは既読にしてしまうとメッセージを読んだことが浮気相手に分かってしまうので、証拠探しをしたことがバレる可能性があります。

怪しい未読メッセージがあった場合は気になってもここは我慢、ということですね。

先ほどもご紹介したように未読メッセージを読む方法はありますが、この方法も100%ではないので注意が必要です。

不正アクセス禁止法

旦那の浮気は許されるものではありませんが、いくら浮気チェックだからといっても度を越えた行動や証拠探し不正アクセス禁止法に触れる可能性もあるため注意が必要です。

スマホの内容(LINE以外も含めて)を全てコピーして証拠として提出するなど、必要以上の行動、過度な行為になると不正行為と見なされてしまい証拠として採用されないこともあります。

証拠探しで不正アクセス禁止法にあたる?については下記の記事で詳しくご紹介しています。

関連記事:旦那の浮気で証拠になるもの(orならないもの)